診療案内|前橋市西片貝町の歯医者・歯科|たけだ歯科クリニック

エンパワー歯科

MENU

診療案内

虫歯

当院では、むやみに歯を削ったり、抜いたりせず、できるだけ歯を残すことを目標に虫歯治療を行っています。患者さまの大切な歯を守ることが、何よりも大切だと考えています。

もっと見る

虫歯の進行具合によって、必要な治療は変わってきます。当院では、小さな虫歯はフッ素を塗るなどして様子を見ることで、不必要に歯を削ってしまわないようにしています。また、大きな虫歯の場合も、「うしょく検知液」という、虫歯になった部分を染め出す染料を使い、健康な部分を削ってしまわないように注意しています。

もちろん、やむを得ず歯を抜かなくてはならないときも、まずは患者さまの同意を得ます。勝手に治療を進めてしまうことはないので、気軽にご相談にいらしてください。

歯周病

歯周病は初期の段階では目立った症状がなく、気づいたときには重症化していることが多い病気です。だからこそ、定期検診を受けて病状を管理することが大切です。

もっと見る

歯周病の原因は、プラークと呼ばれる歯にたまった汚れです。定期検診では、専用の器具を使ったクリーニングを行い、このプラークをとっていきます。そうすることで病気の進行を押しとどめ、これ以上歯と歯ぐきがダメージを受けないようにするのです。

歯周病が進行すると、歯を支えている骨が溶けて、歯がグラつきます。そうなるとやがて食事が取りづらくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。ご自身の大切な歯を守るためにも、歯科医院で定期的なチェックを受けることをおすすめします。

予防歯科

歯磨きは、虫歯・歯周病予防の基本です。正しい歯磨きの仕方を知ることは、お口の健康維持につながります。ここでは、効率的な歯の磨き方を簡単にご紹介させていただきます。

もっと見る

まず、大切なのは歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目にしっかり当てることです。あまり力を入れすぎず、毛先は大きく動かし過ぎないように注意してください。また、硬めの毛先は避け、普通かやわらかめのものを選びましょう。

それでも歯と歯の間に汚れが残ってしまうときは、糸ようじや歯間ブラシを使うと良いでしょう。また、人によっては電動歯ブラシを使うことで、より効率的に歯をきれいにすることができます。当院にお越しいただければ、実際に患者さまのお口の状態などを見て、歯磨きのコツや、適するグッズの選び方をお教えいたします。健康的な口内環境を守るために、ぜひ一度お越しください。

小児歯科

お子さまの治療も当院にお任せください。当院はお子さまに「行きたい」と言ってもらえるような診療を提供することを心がけています。そのために、お子さまへの接し方と、院内設備にこだわりました。

もっと見る

もし、お子さまが治療を怖がって騒いでしまっても、頭ごなしに叱ったりすることはありません。よくできたら褒めることと、やさしい言葉づかいを心がけながら、心を開いてもらう努力をします。はじめは時間がかかるかもしれませんが、そのほうがその後の通院がスムーズにできるようになるからです。

また、当院にはキッズスペースがございます。治療を待つ間も、お子さまに楽しく過ごしてもらいたいと考えました。このような工夫により、親子で気軽に通える歯科医院として、よりいっそう地域に根付いていければ幸いです。

入れ歯

入れ歯を新しく作ろうとお考えの方、今お使いの入れ歯を調整してほしいとお考えの方も、気軽にご相談ください。当院は患者さまのニーズに合わせて、入れ歯のバリエーションを複数ご用意しています。

もっと見る

見た目を気にされる方には、外から金具が見えないタイプのものをおすすめします。これは口を開いたときの見栄えが良いだけでなく、柔らかい素材を使っているので割れづらいという利点を持った入れ歯です。全体的に薄い作りなので、お口に入れたときの違和感が少ないという特徴もあります。

よくできた入れ歯はしっかり噛むことができ、食べる喜びを根底から支えてくれます。皆さまに生活をより楽しんでいただくために、当院はこれからも、「噛める入れ歯」作りに力をいれていきたいと思っています。

顎関節症

顎関節症にかかると「あごを動かすと痛い」「口を開けるとあごの関節が鳴る」といった症状が出ます。放っておくと口が開けられなくなることもあるので、心当たりのある方は歯科医師に相談することをおすすめします。

もっと見る

顎関節症の原因は歯ぎしりや食いしばり、頰づえなど、普段何気なくしていることの中に潜んでいることもあります。そのため、そういった癖のある方は特に、顎関節症にかかるリスクが高くなってしまいます。当院はそのような癖の改善にも努め、原因を根本から取り除けるように努めています。

口を開けて痛みや音が出るのは、あごまわりの筋肉や関節になんらかの異常が起こっている証拠です。たとえ症状が軽度でも油断せず、まずは気軽に相談にいらしてください。